クールなサラリーマンたち

中国語の翻訳に関して

世の中には演習本・エッセイ・映像翻訳の歴史・映像翻訳などを中心として、中国語の映像翻訳を勉強する時に、とても重宝する書籍などが、いっぱい存在しております。他にもDVDなどを上手く活用して、きれいに書き写して行き、自らの能力で中国語翻訳しながら学習する事が、かなり重要なポイントになって来ます。上記のようにして、地道に努力を重ねて行った後へと、翻訳会社や制作会社のトライアルを、積極的に受けて行き…

More Details

中国語翻訳を職にする

かっこいいサラリーマンたち

私は中国語翻訳家というほどではありませんが、中国語翻訳することで軽いお小遣い程度の稼ぎを得ています。翻訳する言語は中国語から日本語が中心で、まれに日本語を中国語に変換することも請け負っています。この仕事を始めたのはもう何年も前になりますが、最初の頃はスキルもそれほどなく信頼などもないので、稼ぎも本当に少ないものでした。 まずは信頼できるサイトなどに登録して、地道でもきちんとした実績を積んでいくことが大切です。仕事ができると依頼者にも伝われば、そこそこ良い値段の仕事であったり、やりごたえのあるものをやらせてもらえます。何をするにしても基礎が大切だと思いますが、それは中国語翻訳の仕事においても同じことです。例えスキルがあろうと相手に伝わらなければそれは空回りになってしまうので、まずは基礎をコツコツやることです。 同時に、ネットで使える辞書サイトや中国語翻訳サイトに頼ろうという考えを捨てるのが大切なことのひとつかと思います。確かにサイトを使うのは便利だと思います。しかし、ああいうものは万人に当てはまるようにしか訳さないので、細かいニュアンスがどうしても直しきれません。最終的には自身の知識でどうにかせねばなりません。そういった努力をすることで、翻訳を仕事にしていけるのではないかと思います。

中国語翻訳するなら会社選びから

中国語翻訳を頼むなら、中国語翻訳会社ということになりますが、中国語翻訳会社もピンからキリまであります。どこが良いかというと難しいです。中国語翻訳会社にも得手不得手があってこの分野が得意というのがあります。判断は難しいと思いますので、中国語翻訳会社の人に打診してみるのが一番かと思います。 いざ、依頼するとなったときの単価ですが、これも需要と供給で決まります。一番多いのは日英や英日になります。その他の言語は、日本人からするとマイナーな言語になればなるほど高くなります。 実際どんな人が翻訳しているのかというと、中国語翻訳先の言語を母国語とする人が担当する場合が多いです。中日なら日本人、日中なら中国人などです。翻訳先の言語の微妙なニュアンスはやはりその言葉に昔から馴染んでいる人でないとわからないからだと思います。その他の言語については、翻訳元が英語になる場合が多いです。日本に住んでいる人ではなく、現地在住の人の場合がほとんどです。 翻訳を依頼するときは、何をどのように翻訳してほしいのかを明確に伝えてください。ニュアンスが伝わればいいのか、一言一句までの正確さを必要とするのかで時間と費用が変わってきます。 中国語翻訳者は実績が問われます。いきなり言語がわかりますといっても採用されません。まずは、翻訳会社の専属となってキャリアを積むことが必要でしょう。翻訳会社が主催する中国語翻訳学校を受講するのも一つの道です。

中国語翻訳・通信講座の受けた後での訓練が大切

中国語翻訳した文章を作って行く上で、よくありがちであるのが、文法記号をイマイチ良く理解していない為に、間違って訳してしまう人々が、結構多く存在する事です。 文法記号には色んな種類のものがあります。明らかに使用用途が違うものでも、正確にしっかりと記憶しておかなくては行けません。こうする事により、通信講座から学んだ部分の、復習にも必ず繋がって行きます。例えば中国語の文法によって、使われている記号が実在する為、そのようなものを日本語の訳文へと、直接利用する行為は絶対に禁止となっております。通信講座では教室の中により、全く知らない方と一緒に勉強する形となります。 その為不安に思ったり、心配な気持ちへと包まれる人も、きっといらっしゃる事でしょう。しかし中国語の翻訳をきちんと習得する為に、みんな真剣に勉強をやる目的により、教室へと訪れて来るので、臆病になる必要など一切必要ありません。どうしてかと言うと、この教室へと学び来ている全員が、あなたと同じく、中国語の翻訳のやり方について、ちゃんとマスターする為に、真面目に通って来ているからです。 教室へと訪れて来る人達は、あなたと似た考えや思いなどを持って、やって来ているのだと言えます。ですのでじっくりと集中しながら、中国語の翻訳講座をきちんと勉強出来ると言う訳です。

高品質な中国語の翻訳は翻訳会社で決まり

資料や雑誌、広告や説明書等あらゆる書面が世の中で流通されています。これらは国内だけでなく、海外でも出版されている物も非常に多い為、国内で使用される際には翻訳が必要とされています。そんな翻訳は自分でも行う事は出来ますが、中国語の知識や大きな手間や時間が掛かってしまうため、日時が決まっている時や急な時には「翻訳会社」へお願いする事が多いと思われます。そんな翻訳会社では個人では行えない程の高品質な翻訳が可能となっているのです。翻訳には中国語の意味やニュアンスを把握する事は勿論、内容をより力強くさせる為の表現力が求められてきます。マンガや雑誌といった一般的に発行される書面であれば、より多くの方に受け入れられ易い表現が大事となります。さらにビジネスシーンや学会、クライアント間で使用される資料や契約書、計画書といった多くの人を納得させたり説得する事が出来る内容が求められてきます。これらの使用用途に合った物に中国語の翻訳をするとなると、内容の表現力が最も重視されてきます。翻訳会社では使用用途に合わせて、気軽に受け入れられる表現やどんな人でも説得出来る様な重要性が高い表現でも翻訳が可能となっており、より高品質な翻訳にする事が出来るのです。

headline

TOP